教会で行われているカンガルーの会に行きました。
その日は、次男のクラス活動、保護者会(↓”おてがみ”へどうぞ☆)、PTA活動の引き継ぎなど
スケジュールいっぱいの一日だったので、
前半の子ども礼拝だけでしたが、お手伝いさせていただきました。

来春から就園するお友達にとっては最後のカンガルーの会…。
春から幼稚園だね、と言ってからのお名前呼びでした。
どの子どもたちの瞳にも嬉しさと、ちょっぴり照れくさそうな
輝きがあふれていましたよ。
新しく参加された親子の方もいらっしゃって、嬉しさupでした♪

大人のゲストのみなさんはティータイムの後、
イースターについての時間を過ごし、
mugibatakeさんプロデュースの
イースタークラフトに取り組んでいらっしゃいました。
私は持ち帰って、作ってみましたが、
見本をよく見てこなかったので;
自己流です…m(__)m
もうちょっと可愛く仕上げるコツがありそうです。→ 
d0168850_21133596.jpg




















この日の御言葉は『主の祈り』のところから、
『わたしたちの日ごとの食物を、きょうもお与えください。』
でした。



子どもたちの保護者会期間が終わりました(^^)v
それぞれ、先生やお友達に恵まれ充実した一年だったと思います。

今年度最後の保護者会では子どもたちからお手紙をもらいました。
毎回、机の上に名札を置くのですが、今回はその名札が開くと手紙になっていたのです。
『感謝の気持ちを誰に伝えたい?』との先生の問いかけに、
『家族!』と答える子が多かった模様。

1年生の次女のクラスではおうちの方に書きましょう…ということで
天真爛漫な『ありがとう』が綴られていました。
きれいな字で色がつけてあって、自分で気持ちを表現できるほどに
この一年成長したんだな、と感じました。

3年生の長男のクラスでは、おうちの方の中でも特に誰に『ありがとう』を伝えたい?
それを普段伝えている?…という問いかけがあった模様。
『お母さんへ』との書き出しでお手紙がありました。
直接的な表現はないのですが、今彼が得ている表現の中で、
精一杯の表現をしてくれた様子。
私が帰宅して手紙ありがとう、と伝えると
満面の笑みで照れくさそうに「恥ずかしくてうまく書けなかったよ~嬉しかった?」
などと言っておりました。

6年生の長女のクラスでは、お母さんへのサプライズプレゼントを作成中の模様。
材料など、どうしても家庭の協力が必要で、少しバレてはいるのですが、
こちらもなるべく知らんぷりしながら、経過を見ています♪
昨日も、『何に使うかはっきりわからないんだけれど、
ラッピング用の紙が必要だから、100円ショップ行ってくる』…と
出かけていきました(笑)。
普段なら、『何に使うか、はっきり言いなさい!』というところなんですけどね。
…でも、ほんとに何に使うかわからなかったりして…(^_^;)
[PR]
by mio-romans828 | 2012-03-07 22:35 | 日々のこと
<< あの日から… kids flower >>